歩合給がある場合の時間外、休日及び深夜の割増賃金の計算

歩合給がある場合の時間外、休日及び深夜の割増賃金の計算方法 例:基本給160,000円・皆勤手当10,000円・資格手当10,000円・通勤手当15,000円   歩合給20,000円  合計215,000円だった場合 ◎1ヶ月平均所定労働時間 160時間  1.残業時間30時間 2.法定休日出勤10時間 3.深夜労働時間5時間 ※歩合給を除いた金額でまず1時間あたりの残業…

続きを読む

遅れてでも(いまさらでも)適用事業報告は提出すべきか?

適用事業報告は労働者を雇って労働基準法が適用されるようになったら労働基準監督署に提出する必要があります。しかし、建設業でもないかぎりはあまりなじみのない書類でもあります。提出されていない会社も多いのではないでしょうか? 監督署も提出に関してあまり取り締まってないようです。    さて、ここで表題の質問に戻りますと 回答は『遅れてでも提出するべきです。』となります。その際に悩まれるのが適用…

続きを読む

36協定 9号用紙 労働者の過半数代表の㊞が印刷(印字)されていない件について

(大阪)労働局のホームページからダウンロードする時間外労働・休日労働に関する協定届(第9号用紙)には『協定の当事者である労働組合の名称又は労働者の過半数を代表する者』の㊞の文字がなぜ印刷されていないのか?  ※本来は9号用紙は届出用紙ですので、別に労使協定書の原本を監督署に提出する必要があります。そして、その協定書には労働組合の名称又は労働者の過半数を代表する者の印が押してあります。よ…

続きを読む