労働保険の新規適用について(労働保険に新しく加入する場合)

労働者を一人でも雇うことになれば労働保険に加入しなければなりません。 但し、その際に正しい事業(業種)で加入することが大切です。 例えば、遺品の整理、廃棄をする事業の場合 1.遺品の整理も行うが、機械を使って室内の清掃を行うなど清掃が主体の事業の場合   →93ビルメンテナンス業 1000分の5.5 (←まず9101清掃業 1000分の12【平成30年4月1日からは1000…

続きを読む